エロい奴は乳首が黒い?

身体測定や水泳の授業でみんなとは違って乳首が黒いということを意識し始めたのは小学校の高学年くらいの頃でした。

中学生になったある日、同級生がこんなことを言いました。

「エロい奴は乳首いじくってるから黒くなるんだってさ」

全く根拠がないとはいえ思春期の真っ只中、そんなことを言われたら恥ずかしいのは当たり前です。

ムキになって否定する私を周囲ははやし立て、ますますバカにするようになりました。

みんなの前で服を脱ぐのが嫌になり、体育の授業が終わったら誰よりも早く教室に戻って着替えるようになりました。

そんなある日、転機が訪れました。

自他ともに変わり者だと認める理科の先生が授業をしているときに、遺伝の仕組みに触れて話をしました。

遺伝子には人の体の設計図が入っていて、親や曾祖父をはじめ、代々の先祖の遺伝子が受け継がれているということ。

きっと他にも同じ悩みを持った生徒がいたのかはわかりませんが、耳垢は乾いているか湿っているか、汗をかきやすいかどうか、黒乳首かピンク乳首か、目の色や髪の色も全てDNAがもたらしたものであるということを説いてくれました。

きっとどこからともなく噂を耳にしたんでしょうね。

その日を境に、体の特徴を見て人をからかう人間が目に見えて減ったのを今でも覚えています。

おかげで私のコンプレックスが早い時期に1つ解消されたのでした。